聴覚障害者の方へ

聴覚障害者の方へ

聴覚障害のある方も安心してご来院ください。

コミュニケーション

これまでの、整骨院や整形外科で勤務した経験や、地域の手話サークルでの交流の中から感じた事は、コミュニケーションの大切さでした。医療の現場において、コミュニケーションがどれほど大事か。

自分の言いたい事が伝わる、知りたい情報が得られる、冗談を言い合って笑える。私は整骨院“空”を、そんな普通の整骨院にしたいと考えています。

筆談道具

筆談道具もご用意しております。

これはブギーボードという物なんですね。
手話サークルの友達に教えてもらいました。

UDトーク

UDトークという、音声認識アプリも用意しています。このアプリも、手話サークルで友達から教えてもらったものです。

このアプリは以前、中途失聴で手話が分からないという患者様に説明する時に使用し、それから導入しました。
手話で説明する事が出来ない、筆談だと大変、という時に、とても便利です。 声や手話で話すのと、ほとんど変わらない速さで文字に変換してくれるので助かります。

枕元に、チャイム

枕元に、チャイムを置いてあります。
低周波治療中など、カーテンを閉めている時に何か気になる事があった場合は、遠慮なく押して下さい。院内のどこにいても、私に伝わる仕組みになっております。

ただ、「いつでも呼べる」「呼ぶ方法がある」という安心感から、「逆に、呼びたいと思う時が減った」というお話もありました(笑)

Tweets by seikotsuinsora
院長facebook お問い合わせ

ページトップへ

 

  スマートフォン | パソコン

Copyright © Honepage All Rights Reserved.